40代女性化粧品ランキング

40代になってすぐに衝撃を受けるのが、「肌の激変」です。

 

これまで何の気にもとめなった些細な事が、肌の健康を著しく阻害し、5年、10年後の肌の健康に、深刻な結果をもたらします。

 

口元、目元に顕著に現れるエイジングサインをこれ以上悪化させないように「守る」ケアだけでは、もはや手遅れです。

 

肌にもたらしている「老化」を1秒でも食い止めるには、積極的なケアが重要不可欠です。

 

ここでは、40代にオススメの成分をいくつかピックアップして紹介しますので、今お使いの化粧品で、十分対応できているか、今一度検討してください。

 

悩んでいるこの「1秒」が、あなたの肌年齢を1歳、2歳と老化させます。

 

でも、まだあきらめないで!

 

しっかりと、スキンケアを見直すことで肌は驚くほど若返るのです。

 

透輝の滴

 

肌再生力は、医学会も認定しており、ミネラル豊富な海洋深層水をベースに肌のハリ、弾力を求める女性に最適な美容液に仕上がっています。

 

>>透輝の滴の公式サイトを見る<<

 

 

アヤナス

 

美肌サイクルを作り出す特許技術を駆使し、バリア機能の向上、コラーゲン生成アップでハリ、弾力アップの年齢に負けない肌へ導きます!

 

>>アヤナスの公式のサイトを見る<<

 

 

アスタリフト

 

ビタミンEの約1000倍以上、βカロテンの約10倍以上の抗酸化力を保持する「アスタキサンチン」を高濃度で配合する話題の真っ赤なコスメ!

 

>>アスタリフトの公式サイトを見る<<

 

 

コーセー米肌

 

ライスパワー11がセラミドを作り出して「潤いを自分で作り出す」環境をサポートしてくれます!

 

>>米肌のサイトを見る<<

 

 

ライスフォース

 

細胞脂質間の水分保持量が著しく減少する乾燥肌に有効なお米由来成分「ライスパワーエキスNo.11」を高配合!

 

>>ライスフォースの公式サイトを見る<<

 

 

40代の肌でも変えられる?翌朝実感「攻め」の保湿4テクニック

 

肌力が衰え、日々老化という恐怖と戦う40代は、「保湿しているつもり」ではダメ。
有効成分が吸収しずらく、硬化した肌だからこそ、「攻め」の保湿が必要です。
今回は、”40代の肌を変える”保湿のテクニック4つを紹介します。

 

 

洗顔後、たっぷりの化粧水で、顔全体にバシャバシャと保湿しているから大丈夫!
なんて、安心していませんか?

 

それでは、美の大敵「乾燥」には勝てませんよ。
若い頃と違い、40代の乾燥は、瞬く間に、シミやシワ、たるみやほうれい線、ブルドックラインなど、見ため年齢を大きく引き上げる老肌の原因に直結です。

 

「いつ会ってもホント綺麗ね」
「40代には見えない」

 

と思われるためには「攻める」保湿が必要です。
今回は、美魔女や芸能人など、肌が綺麗な人がやっている「攻め」の保湿技を4つ紹介します。

 

【その1「外出1時間前の朝の保湿」】

 

慌しい朝の保湿って、どうしていますか?
殆どの方が、軽めの保湿だけで、すぐにメイクをしていると思います。

 

中には、「ベタつくから」という理由で、美容液や乳液を省いている方もいる事でしょう。
しかし、それでは、メイク後すぐに化粧崩れを起こしたり、日中のベタつき、乾燥というトラブルに悩まされる結果に。

 

水分と油分バランスが崩れやすい40代だからこそ、朝の保湿はとても大事です。
やり方は、簡単・・・ではありませんが、肌を変えたいなら、いつもより1時間早く起きて、保湿に徹底しましょう。

 

ぬるめの湯で、軽く顔を洗ったら、「@手のひらに化粧水をとり、ハンドプレスの容量で、化粧水をつけます。」
@の工程を繰り返し10回行ないましょう。

 

肌が手に吸い付くまで続けたら「保湿」の合図です。
ハンドプレスを行なう時間がない、というならば、コットンマスクなどを上手に活用し、最低でも20分から30分ほど保湿に時間をかけましょう。

 

【その2「2時間毎の保湿ケア」】

 

外出先では、2時間おきに保湿するのがポイント。
特に、ベタツキ、テカリ、乾燥が目立つ、額や小鼻、頬、目尻を中心に、ミストタイプの保湿化粧水をシュシュッとつけて、軽く手で押さえるだけでOK。

 

これを行なうだけで、メイク崩れの予防、ベタツキ、テカリ防止が出来ます。

 

【その3「夜はセラミドで保湿」】

 

紫外線や埃、ストレスなど様々なダメージで疲れた夜の肌には、優しい保湿が最適。
意外にも、夜の保湿はシンプルなのが一番効果的なんです。

 

中でもハリ弾力を支える繊維芽細胞の8割を占める「セラミド」での保湿は、40代に肌に効果的。
肌本来の力を高めつつ、日中のダメージもケアしてくれるので、とてもおススメ。

 

【その4「週に2回のスペシャルケア」】

 

週に2回は、いつもよりも手をかけた保湿を徹底しましょう。
例えば、温タオルで肌を温め、血行を良くした状態で、マスクパックすると、角質の隅々まで保湿有効成分が届きやすくなります。

 

以上、4つの「攻め」の保湿を1ヶ月続けてください。
目尻の小じわ、毛穴の開き、頬のたるみ、ほうれい線などが「あれ?薄くなった?」と鏡にうつる自分の変化に驚く日が必ず訪れます。

 

40代のスキンケア効果は、1日にしてならず。
早めに取り入れることで、確実に、見た目年齢-5歳を可能に出来ますよ。

 

「洗顔」だけで肌は生まれ変わる?40代「正しい洗顔」のススメ

「洗顔」一つで、肌は確実に変わります。
特に、エイジングケアの観点からも、40代以降は、これまで以上に「洗顔」に対する意識を高め、ただちに見直すべきです。
そこで今回は、「40代の洗顔」について色々と説明します。

 

 

洗顔は、スキンケアの基本です。
それなのに、

 

・洗顔には特にこだわっていない
・ボディソープと同じものを使っている
・若い頃からずっと同じものを使っている
・適当に選んでいる

 

 

等、洗顔にこだわりを持たない40代が多いのも事実です。
しかし、シミやたるみ、くすみやシワが目立つ40代だからこそ、何よりも「洗顔」にこだわりを持つ必要があります。

 

【40代に必要な「洗顔」って?】

 

乾燥による様々なトラブルが目立つ40代の洗顔でもっとも気をつけたいのが「乾燥」です。
必要な皮脂まで洗顔で落としてしまうと、途端に「乾燥」が悪化し、シワやくすみ、たるみといった年齢サインが目立つ結果に。

 

これらのトラブルをわずかでも回避したいなら、必要な皮脂は残しつつ、皮脂や汚れ、毛穴の詰りだけを綺麗に落とせる洗顔が必要です。

 

■ポイントは、「保湿ができる洗顔」

 

そんな贅沢な洗顔があるわけない!と思っていませんか?
実は、最近は、「まるで美容液」と勘違いするほど贅沢な洗顔がたくさん誕生しています。

 

例えば、オリーブやホホバオイル、アルガンなどの天然由来のオイル成分や、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの美容成分配合の洗顔などがあります。
このような洗顔なら、皮脂や汚れを落としながら、保湿もちゃっかりしてくれるので、洗顔後慌てて保湿する必要もありません。

 

■ターンオーバーができる

 

さらに、40代は、肌の生まれ変わるサイクルが、40日以上と周期が大きく乱れているので、正常な周期を取り戻す洗顔も不可欠。
りんご酸やクエン酸、乳酸等で作られる「AHA」は、古い角質を溶かして除去するピーリング成分で、肌を傷つける心配がありません。

 

■ドクターズコスメ

 

洗顔は毎日の事なので、できる限り安心、安全なものが良い!!
特に、40代は、肌が乾燥したり、刺激に弱くなっているため、刺激の強い成分ではNG。

 

皮膚のプロが厳選した原料を使っている洗顔なら安心です。

 

【正しい洗顔で-5歳肌を目指そう!】

 

今さら「洗顔」を見直しても意味ない!
と諦めてはいけません。

 

洗顔一つで、肌は、十分生まれ変わります。
わずかな老化も致命的になりかねない40代の今だからこそ、スキンケアの基本洗顔を見直す必要があります。

 

■ステップ1「手を綺麗にする」

 

まずは、手についた汚れ、雑菌を綺麗に洗いましょう。

 

■ステップ2「泡立てる」

 

洗顔をクリームや固形のまま直接肌につけてはダメ。
泡立てネットなどを使い、キメの細かい泡を作りましょう。

 

こうすることで、肌を傷つけず、また毛穴につまる汚れも綺麗に落とせます。

 

■ステップ3「肌をこすらない」

 

40代は、摩擦による炎症性皮膚炎になっている方が多く、シミや肝斑といった症状として現われます。
これらのトラブルは、洗顔時、肌をゴシゴシ擦ることが要因です。

 

またタオルドライの際にも、肌を決して擦ってはいけません。
肌を包み込むように優しく、洗いましょう。

 

■ステップ4「十分過ぎるほど洗い流す」

 

洗い残しは、しみやくすみ、乾燥の原因になるので、綺麗に洗いましょう。
その際、年齢+10回洗うと良いといわれています。

 

この時も、肌に負担をかけないよう、優しくを心がけてください。

 

■ステップ5「保湿」

 

洗顔後は、速やかに保湿しましょう。
お使いの保湿化粧水や美容液を肌全体に塗布し、手のひらで包み込むようにプレスするのがポイントです。

 

何度もいいますが、洗顔は、スキンケアの基本です。
毎日、1つ1つの工程を丁寧に行なうのは少々面倒かもしれませんが、これが40代以降もずっと綺麗で若々しい肌を保つ秘訣です。

 

この機会に洗顔を見直しましょう。

 

眉間の深いシワを消す方法って?40代から出来る眉間のシワ対策

 

出来てしまった深いシワを消すの簡単ではありませんが、不可能でもありません。
ここでは、出来てしまった「眉間のシワ」を解消するマッサージや顔ヨガ、美容成分やメイク術など40代アラフォーに最適な情報をお届けします。

 

 

「ねえっ、怒っている?」
「機嫌悪いの?」

 

眉間のシワは、「不機嫌」な印象を与え、見た目に良くありません。
また、シワ1本でプラス3歳ほど老けるとも言われるので、できれば、薄く目立たなくしたいですよね。

 

しかし、一度できてしまったシワを完全に消すのは簡単ではありません。
例えば、今人気のヒアルロン酸注射やボトックス注射をしても、永久的ではないため、半年に1回のペースで注射を打ち続ける必要があります。

 

もちろん、注射による副作用のリスクもあるので、安全とはいえないのです。
では、出来てしまったシワは、もう諦めるしかないのか・・・。

 

いえ、大丈夫です。
完全に消す事はできなくても、これ以上の進行を抑え、また今より薄く目立たなくする事は可能です。

 

その方法を紹介しますね。

 

【方法1「原因」を知る】

 

「眉間のシワ」の原因は、

 

・シワをよせるクセ

 

スマホやPCの画面を長時間見ていると、無意識に眉間にシワがよります。
また目が悪い人、コンタクトレンズやめがねの方も、無意識に目を細め眉間にシワを寄せていることも。

 

・乾燥

 

40代は、水分量の低下が著しく、特に目元周辺が乾燥しがちです。
その上、過剰なスキンケアで、皮膚が炎症を起こし、インナードライの状態に。

 

・不良姿勢

 

デスクワークや家事のとき、猫背になっていませんか?
姿勢の悪さは、顔全体のたるみを引き起こし、結果、眉間に縦ジワを作る要因になります。

 

上記原因に心当りがある方は今すぐシワの要因を取り除くようにしましょう。

 

【方法2「エクササイズ」】

 

・マッサージ

 

保湿クリームをたっぷりと塗って、すべりをよくした後に行ないましょう。
シワとは逆方向に流すようにマッサージするのがポイントです。

 

人差し指と中指の腹を使い、眉間から眉尻に向けて、押し流してください。
5往復の2セット行ないましょう。

 

この時、息を吐きながら、全身の力を抜くようにしてください。

 

・顔ヨガ

 

眉を人差し指で動かないように固定します。
目を大きく開いたり、閉じたりを繰り返します。

 

眉間が動くのを意識して行なうと効果的です。

 

【方法3「美容成分」】

 

指で広げても消えない場合は、真皮にまでダメージが及んでいる可能性があります。
そのような深刻なシワには、ハリを支えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が有効。

 

ただ、分子が大きすぎると効率よく浸透しないので、低分子、ナノ化で小さくしているものを選びましょう。
また、肌にあるコラーゲンを増やす「ビタミンC誘導体」「成長因子」「レチノール」等は、シワ対策に効果的です。

 

美容成分を使用する前に、顔ヨガやマッサージを取り入れると、さらに成分の浸透が高まります。
以上をまとめると「40代の眉間のシワ」を目立たなくするには

 

・「眉間のシワ」の原因を知る
・「顔ヨガ」「マッサージ」を取り入れる
・シワに有効な美容成分を使う

 

の3つがおススメ。
出来てしまったシワを100%消す事はできません。

 

しかし根気強くケアすることで、確実に今より薄く目立たなく出来ます。
諦めずにトライしましょう。

本当に必要?使うタイミングは?40代の肌を変える美容液の魅力

 

美容液を使うことで、上質な肌が手に入ります。
しかし、「ホントに必要?」「いつ使うの?」等美容液本来の魅力を最大限生かせてない方も。
そこで今回は、美容液の魅力、美肌効果などを詳しくお届けしますので参考にしてください。

 

 

 

【美容液ってどんな効果が期待できる?】

 

基礎化粧品の一つ「美容液」は、保湿や美白などを中心とした有効成分を高濃度で含んでいるのが特徴。
一般的な基礎化粧品とは違い、一歩先のスキンケアが期待出来ます。

 

そのため、他の化粧品と比べて、価格も若干お高め。
ただ、高い分贅沢な保湿、美白成分がバランスよく、かつ高濃度で配合され、さらに、肌ダメージが心配される油分も少なめなので、保湿が抜群なのにサラッと仕上がる等、テクスチャー面も理想的です。

 

美白や保湿以外にも、リフトアップ、アンチエイジング等、悩みにあわせ「プラスワン」出来る点も美容液の魅力です。
肌年齢が激減する40代以降は、いつもお使いの基礎化粧品に、肌悩みに合わせた1本を加えるのがおススメです。

 

【どのタイミングでつければいいの?】

 

美容液は、通常「化粧水」の次に使います。
メイクや汚れを綺麗に洗い流し(洗顔)、その後肌を化粧水で整え、その次に「美容液」を使います。

 

しかし、最近の美容液には、ブースーターとしての機能を搭載したものも多く、洗顔後すぐにつけ、次に使う化粧水の浸透を高める事もできます。
また、美容液1本で化粧水から乳液までカバーできる、オールインワンタイプの美容液も誕生。

 

どの美容液が自分に適しているのか、ライフスタイルや肌質、肌悩みなどに合わせて活用しましょう。

 

【美容液の種類と選び方のポイント】

 

数ある美容液の成分を細かく説明するとキリがありません。
そこで、今回は40代女性が抱える

 

・乾燥
・美白
・ハリ

 

の3つの悩みに適した美容成分と選び方のポイントを紹介します

 

■「乾燥」 

 

乾燥には、最強の保湿成分「セラミド」が断然おススメ。
肌にみずみずしい潤いを与え、乾燥によるトラブルを予防します。

 

その他、ヒアルロン酸、天然保湿因子NMFなどの保湿成分も最適。
また、肌本来の力を引き出す「プラセンタ」化粧品も乾燥対策には有効です。

 

■「美白」

 

シミやくすみ対策には、

 

・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・ハイドロキノン
・アルブチン
・エグラ酸
・カモミラET

 

等が代表的。
出来てしまったシミ、これから出来るシミなどシミによってアプローチの仕方が異なるので、タイプに合わせてお選びください。

 

■「ハリ」 

 

衰える肌力を改善するには、次の成分が有効。

 

・アスタキサンチン
・レスベラトロール
・レチノール
・ビタミンC誘導体
・グロスファクター
・植物幹細胞

 

等。
いずれも抗酸化作用が高く、アンチエイジングも期待できます。

 

ただし、他の美容液に比べ、高濃度、高品質であるため、ややお高め。
以上が、40代悩み別おススメの美容液成分です。

 

・いつもの基礎化粧品では満足できない
・ワンランク上のスキンケアを取り入れたい
・老肌をなんとかしたい

 

方は、是非、目的、肌質にマッチした最高の美容液を1本見つけて、活用ください。

 

40代 エラスチン

英語で「弾力・伸縮・しなやか」の意味を持つエラスチンは、肌の土台作りに欠かせない成分です。
20代をピークに減少するこの成分を上手に補うことで、40代以降もハリ・弾力・潤いに溢れるベビースキンがキープできます。

 

 

【エラスチンって?】

 

繊維状のたんぱく質「エラスチン」は、肌内で、コラーゲンとコラーゲンをしっかり接着させ、網状のネットのような構造を作る働きを担っています。
張り巡らされたコラーゲンの網は、内側から肌を押し上げ、プリンっと張った弾力ある状態を作ります。

 

さらに、エラスチは、弾力、柔軟性に優れているので、まるで赤ちゃんのような「弾む肌」が実現できます。

 

【エラスチンって40代では減っちゃうの?】

 

実は、みずみずしく、ハリ弾力、潤いともに優れる赤ちゃんの肌内には、エラスチン量は極僅か。
その反面、ヒアルロン酸量が最も多く存在しています。

 

そのため、赤ちゃんの肌は、とろけるように柔らかくプリンのようなふわふわの状態。
成長とともにヒアルロン酸量は、減り、エラスチンが増量と、量が変わります。

 

エラスチン量のピークを迎える20代では、ネットのように弾む肌が出現し、紫外線や埃など外的要因にも強く丈夫な肌となります。
しかし、そのエラスチン量は、次第に減少し、40代では、20代の半分以下にまで量を減らします。

 

エラスチン減少とともにコラーゲン量も減少に転じるので、40代の肌は、潤い、弾力、ハリ力を失い、シワやたるみ、ほうれい線、ブルドックラインなど様々な年齢サインを作ります。

 

【40代以降のエラスチン不足を補うには?】

 

伸縮性・弾力性・潤いに優れるエラスチンは、靭帯80%、動脈60%、肺20%と全身に存在します。
肌内では、真皮に存在。

 

そのため、エラスチンそのものを真皮に届ける化粧品やサプリメントを活用するのが最適。
その他にもコラーゲンやエラスチンを生成する「繊維芽細胞」を活性化させることで、肌自らがエラスチンを作り、不足分を補うことも期待できます。

 

■エラスチン化粧品選び方のポイント

 

毎日のスキンケアでエラスチンを補うなら、エラスチン配合、もしくは繊維芽細胞を活性化させる成分配合の化粧品を選びましょう。
真皮にまで浸透しなければ意味がないので、「低分子」「ナノ化」「高浸透」等のキーワードで成分が含まれていることも確認してください。

 

さらに、エラスチンやコラーゲンやヒアルロン酸と協力して肌のハリ、弾力をサポートしているため、これらの成分も一緒に配合しているものがベスト。
エラスチン以外には、繊維芽細胞を活性化させる成分が最適。

 

・繊維芽細胞増殖印因子FGFやEGF
・レチノール(ビタミンA)
・ビタミンC誘導体
・大豆イソフラボン

 

■サプリやドリンクの選び方ポイント

 

体内からエラスチン不足を補いたい場合は、サプリやドリンクが最適。
ただし、1日にどのくらい補う必要があるのか、吸収力は優れているかなどを確認しましょう。

 

例えば、エラスチンの場合、1日の推奨量というものはありませんが、最低でも200mgは摂取しておきたいところ。
また相性のよいコラーゲンの1日に10g前後は、必要です。

 

しかし、これらの成分は、食事から補うのが極めて難しのが現状。
そこで人気のサプリやドリンクですが、中には、1日に必要な量を補いないものやいくら摂取しても体内に吸収されず、排出されるものもあります。

 

そこで、「高濃度」や「低分子」といったキーワードに注意しながら、自分に適したサプリやドリンクをお選びください。

セラミドとヒアルロン酸40代のスキンケアに必要なのはどっち? 

保湿成分「セラミド」と「ヒアルロン酸」どっちを選べばいいの?40代乾燥トラブルに必要な成分はどっち?
こちらでは、40代のエイジングに欠かせない保湿成分2つの違い、美肌効果や使い方などを詳しく説明します。

 

 

セラミドとヒアルロン酸は、「保湿成分」として、ともに40代以降のスキンケアを考える上で、欠かせません。
しかし、存在する場所が異なるため、その働き、美肌効果も違います。

 

【セラミドとヒアルロン酸の違いって?】

 

■セラミド

 

表皮の一番上、角質層に存在する成分で、細胞と細胞の隙間を埋める役割りを担っています。
細胞間脂質、と呼ばれる成分の一つで、

 

・水分を肌内に蓄えて保湿する
・細胞の隙間をピタッと埋めて外的刺激から肌を守る

 

という働きがあります。
セラミドは、細胞間脂質のおよそ半分を占めるほどとても重要な成分です。

 

ちなみに20代で100%だったセラミドは、40代でその半分の50%に減少。
60代では、実に30%以下にまで減少するため、スキンケアでしっかり補う必要があります。

 

■ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、真皮(肌の深い部分)に存在し、コラーゲンやエラスチンの隙間を埋める働きがあります。
ものすごく粘性の高い性質で、1gあたり6リットルもの水分を蓄える力があります。

 

肌のハリ、弾力に欠かせない成分ですが、こちらも40代後半より急激に減少。
その後、60代でその半分に減るなど、深刻な状態に。

 

【どっちを選べば良い?選び方のポイントは?】

 

年齢肌サインが目立つ40代の肌に「セラミド」も「ヒアルロン酸」の欠かせません。
ただし、使い方が重要です。

 

まず、肌の深い部分(真皮)にある保水力を高めるため、「ヒアルロン酸」を活用。
真皮がしっかり潤ったら、今度は、肌の水分が逃げないよう「セラミド」を使い角質に潤いを与えましょう。

 

セラミドにより角質の隙間が埋まれば、水分蒸発を防ぎつつ、外的刺激から肌をガードできます。

 

■選び方のポイント

 

ヒアルロン酸は、真皮に届かなければ効果が発揮されないので、吸収性に優れた「低分子」を選びましょう。
ただ、最近では、高分子、低分子両方のサイズで配合したヒアルロン酸化粧品も誕生し、ヒアルロン酸のみで、真皮も角質層もケアすることが出来ます。

 

セラミドは、天然、ヒト型、植物、合成、さらに1から10までと様々なタイプがあります
それぞれに働き方が異なるので、自分の肌質、目的に合うものを選ぶといいでしょう。

 

ちなみに、天然は肌に優しく、ヒト型は、吸収性、親和性に優れるといった特徴があります。
ヒアルロン酸もセラミドももともと肌に存在する成分で、肌のハリ、弾力、みずみずしさになくてはなりません。

 

しかし、40代以降、急激に減少し、一気にシワやたるみ、ほうれい線やシミなど年齢サインを目立たせてしまうので、早めに不足するこれらの成分を日々のスキンケアで効率よく補うようにしてください。

加齢で周期乱れる?肌の生まれ変わり「ターンオーバー」って何?

 

表皮の生まれ変わり「ターンオーバー」は、40代の年齢肌サインを解決する一つの方法です。
ここでは、加齢とともに低下する40代の肌質とその原因、ターンオーバーを促進する方法や美容成分等を詳しく説明します。

 

 

【肌のターンオーバーって?】

 

ダーンオーバーとは、「肌細胞が生まれ変わる」事をいいます。
私たちの肌は、外側の表皮ある細胞がもっとも古く、真皮層に近い基底層で、新しい細胞が誕生します。

 

肌の深い部分で誕生した肌細胞が、28日かけて表面にあがり、表皮の古い細胞を押し剥がして、新しく肌が生まれ変わります。
このターンオーバーは、私たちが生きている限り繰り返し続きます。

 

【20代で28日周期、40代で45日周期に!】

 

ターンオーバーは、一般的に28日周期で細胞の生まれ変わりを続けており、これを肌の新陳代謝といいます。
しかし、年齢とともに周期が長くなり、40代では、実に40日から45日以上かかることも。

 

周期が長いほど、古い細胞が肌表面に残され、紫外線等の外的刺激を受けやすい状態に。
さらに、古く傷ついた細胞は硬く、シミやくすみも目立ち、取り残される日数が長いほど、肌に定着し、頑固なシミやくすみ等の色素沈着となることもあります。

 

その上、古い細胞は、スカスカの状態で、肌内部の水分蒸発を促進し、乾燥の原因にもなります。

 

【周期が乱れる原因は?】

 

40代以降、ターンオーバーの周期が乱れる原因は、加齢以外に

 

・睡眠不足
・ストレス
・食生活のみだれ 
・血行不良
・ホルモンバランスの乱れ
・保湿不足
・毛穴のつまり
・紫外線

 

等があります。

 

【40代以降も周期28日を目指すためには?】

 

正常なターンオーバーを実現するには、まずは、規則正しい生活習慣を整える事です。
また適度な運動やバランスの取れた食事、たっぷりの睡眠なども不可欠です。

 

さらに、基礎化粧品の見直しもおススメ。
例えば、毛穴の詰りや古い角質などが肌表面にあると、正常なターンオーバーを妨げます。

 

これらの要因を取り除くには、洗顔の見直しが必要です。
肌を傷つけないこんにゃくスクラブや酵素、AHA、乳酸配合のピーリングを取り入れ、ターンオーバーが働きやすい状態を整えましょう。

 

また、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、フラーレン等の保湿成分や女性ホルモンを整えるプラセンタ、大豆種子エキスは、40代以降のターンオーバーの乱れを整えてくれますので、是非お試しください。

 

肌の生まれ変わる機能ターンオーバーは、常にみずみずしく健康で強い肌細胞を維持するのに必要な機能です。
しかし、加齢や生活習慣の乱れが原因で、周期は、次第に長くなり、シミやくすみ、シワやたるみの原因に繋がります。

 

特に40代以降は、あらゆる年齢サインが目立つため、ターンオーバーをp意識したスキンケアが不可欠です。

 

・最近、傷の治りが遅い
・シミやくすみが目立つ気がする
・乾燥が悪化している
・紫外線や埃に敏感になっている
・最近、肌質が変わった気がする
・肌がごわついている
・毛穴が詰っている
・毛穴の開きが目立つ

 

等の悩みを抱えている方は、正常なターンオーバーが機能していない可能性があります。
早めに対策しましょう。

化粧下地使ってますか?40代のメイクを変える化粧下地の選び方

肌質に適した化粧下地を使えば、自然で綺麗な仕上がりが目指せます。
その上、見た目年齢-5歳を実現するなど、様々なメリットがあります。
今回は、シミやくすみ、ほうれい線等の年齢サインで悩む40代に最適な化粧下地について説明します。

 

 

化粧下地って使っていますか?

 

・ファンデーションがよれる
・メイクもちが悪い
・ついつい厚塗りになってしまう
・メイクしたら余計にシワが目立つ
・メイクすると老けて見られる

 

化粧下地を使わない、もしくは化粧下地は、それほど気を使ってない場合、このような仕上がりに問題が発生します。
逆に、化粧下地さえ、しっかり丁寧に使っていれば、薄化粧でも、シミやくすみもしっかりカバーできて、かつ若々しい仕上がりが期待できます。

 

特に、様々な年齢サインが目立ち始める40代こそ、化粧下地をしっかりと使う事が、メイク仕上げのコツです。

 

【肌質を知ることが化粧下地選びに失敗しないコツ】

 

肌質に適した化粧下地を選ぶには、まず自分の肌質を知ることが重要です。

 

■女性ホルモンの減少

 

40代以降、急激に女性ホルモンは激減します。
女性ホルモンは、ハリ弾力に欠かせないコラーゲンを維持しているため、減少することで、ハリや弾力が失われ、シミやたるみが発生します。

 

■ターンオーバーの乱れ

 

正常なターンオーバーの周期は28日。
しかし40代では42日から55日以上になる方も珍しくありません。

 

周期が長いほど、
肌の保水力が低下するため、乾燥によるトラブルが目立ちます。

 

■紫外線

 

40代では、これまで受け続けてきた紫外線のダメージが一気に表面化します。
シミやジワ、ほうれい線など。

 

以上、様々な年齢サインが顕著になる40代では、エイジングに対応できる化粧下地を選びましょう。

 

【40代に最適な化粧下地選びのポイント】

 

40代は、肌質が目まぐるしく変化します。
そのため、化粧下地は、変化する肌質に適した成分配合を選ぶのがポイント。

 

■保湿成分

 

化粧下地には、保湿やエイジング、紫外線対策などが期待できる多機能型も数多く誕生しています。
中でも、特に乾燥が気になる40代は、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分をバランスよく含む化粧下地を取り入れましょう。

 

■カラー

 

肌色を補正して、シミやくすみ、シワやほうれい線などをカバーしてくれるカラーコントロールができる化粧下地は、色によっても効果は様々。

 

・グリーン系
ニキビ跡などの凸凹肌をカバー

 

・ピンク
元気で血色の良い肌を演出

 

・イエロー
くすみを解消し、健康的な印象に

 

・オレンジ
クマやたるみをカバー

 

・パープル
くすみを抑えて透明肌に。

 

■テカリ、毛穴崩れを抑える

 

クロスポリマーやシリコン、タルクなどの成分が含まれる化粧下地には、毛穴を引き締め、肌をサラサラにする効果が期待できます。
そのため、メイクは1日中崩れない、皮脂や汗でべたつかない、サラッとした肌質がキープできるなどのメリットがあります。

 

化粧下地を上手に活用すると、厚塗りを予防したり、ファンデーションを使わなくてもナチュラルな仕上がりが期待できます。

 

 

アルブチンって?40代の肌質問わず活用できるアルブチンの特徴

 

アルブチンは、厚生労働省認可の美白成分で、肌を透明感の高い「白」に導く事が出来ます。
ハイドロキノンと何が違うの?アルブチンどっちがいいの?など美白成分選びに迷っている方などにお得な情報をお届けします。

 

 

【アルブチンって?】

 

美白成分「アルブチン」は、洋ナシやコケモモなどの葉や皮などから抽出した成分で

 

”メラニン色素に作用する「チロシナーゼ」を抑制する作用

 

があります。
アルブチンは、数多くの美白化粧品に配合されていますが、ほとんどが、「βアルブチン」の事を示し、ハイドロキノンの誘導体です。

 

例えば、美肌成分「ビタミンC」は、不安定で熱に弱いというデメリットがあります。
これを解消したのが、「ビタミンC誘導体」で、肌への浸透を高め、安定的に効くという特徴を持ちます。

 

アルブチンもこれと同様に、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させることで、肌への刺激を軽減しつつ、浸透性を高めて、より美白作用が発揮されやすい状態にしたものです。

 

つまり、安全に美白ができる、というのが、アルブチンの最大の特徴です。

 

美白したいでも刺激が怖い
最近些細な刺激に弱い
美白成分を使うと肌がピリッとする

 

という40代乾燥肌、年齢サインに悩む女性にアルブチンはぴったりです。

 

【アルブチンは単体より複数使いが効果的?】

 

美白成分「アルブチン」は、単体よりも複数の成分と一緒に使うのがより高い美白効果が期待できます。
例えば、抗酸化成分ビタミンCは、紫外線をブロックし、黒くなったメラニンを元に戻す働きがあります。

 

一方、アルブチンは、メラニンが黒くなるのを防ぐ働きがあるので、両方を同時に取り入れることで、強力な美白ケアが実現します。
また、肌のターンオーバー促進作用のプラセンタと同時に使うことで、シミの定着を防ぎ、透明度の高い美白肌が手に入ります。

 

その他、コラーゲンの生成を促進するペプチドや、メラニンの合成を促進するデイリリー花発酵液、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分等は、40代以降、様々な年齢サインに悩む方のエイジングケアに最適。

 

【アルブチンって副作用はないの?】

 

アルブチンは、厚生労働省認可の美白成分で、ハイドロキノンに比べて副作用は少なく安心です。
中でも、市販されるアルブチン配合化粧品は、配合濃度も低く、肌質問わず、どなたでも安全に利用できるのが特徴です。

 

しかし、万が一の事を考え、使用前にパッチテストでアレルギー反応などの刺激を必ず確認してください。
また、過去、ハイドロキノン等の美白成分により「白斑」等の問題が心配されましたが、アルブチンに関しては、そのような心配はありません。

 

ただし、アルブチン配合化粧品に限らず、容量用法等は、必ず守り、正しく使うよう心がけましょう。

 

関連サイト
無添加化粧品ランキングはこちら⇒無添加化粧品ランキング※お試しトライアルセットTOP3!

 

エイジングケア化粧品ランキングはこちら⇒エイジングケア化粧品ランキング※お試しトライアルセット5選!