40代のくすみは、肌の生まれ変わり機能低下が原因?

 

明るめの新色カラーのファンデやリップ、ファッションを取り入れたいのに、顔色がくすんでいるせいで、なかなかおしゃれが楽しめない。
40代になって、黒やグレーなどモノトーンのカラーばかりを身につけている・・・。

 

なんて経験ありませんか?
その悩みは、肌のくすみを解消することで、解決できますよ。

 

特に、40代といえば、肌力の衰え、女性ホルモンの乱れ、紫外線の影響や乾燥、ストレスや環境の変化等々で、肌の新陳代謝機能が驚くほど低下します。
肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れると古い肌細胞(角質)が肌表面に留まり、皮膚を硬くツヤを失わせる事に。

 

さらに、留まった角質は、バリア機能を破壊し、肌内部の水分を失わせ、次第に「くすみ」や「シミ」となり現われます。
以上のことから、肌のくすみを解消するには、

 

・肌の新陳代謝(ターンオーバー)を整える
・乱れた生活習慣を改善する
・角質ケアのためのピーリングを行なう
・メラニンを抑制する美白成分を取り入れる
・保湿を徹底する

 

等の対策が不可欠です。

 

【ワントーン明るい肌に必要な5つのコツ】

 

■コツ1「ピーリング」 

 

肌表面に留まった古い角質を取り除くには、ピーリングがおススメ。
ただし、40代の肌は、とてもデリケートで、ただでさえ、傷つきやすい状態なので、刺激の弱いピーリングを選ぶようにしましょう。

 

例えば、

 

・こんにゃくなど、素材が柔らかいタイプ
・フルーツ酸(AHA)や、酵素、乳酸など、角質を溶かして落とすタイプ

 

等が刺激が弱く、40代の肌にも安心。

 

■コツ2「美白成分」

 

老化の原因8割を占めるが光老化。つまり紫外線の影響です。
紫外線は、1年中私たちの肌にダメージを与えているので、屋内外問わず、しっかりとした対策が不可欠。

 

中でもシミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制する成分配合の化粧品を使い、肌内のメラニンを増やさないようにするのがくすみ、シミ対策のポイント。
メラニン生成抑制に効くのは

 

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス
・麹酸

 

等で、メラノサイトに指令を出す物質の働きを阻害するのが

 

・カモミラET
・トラネキサム酸

 

等があります。

 

■コツ3「保湿」 

 

美白ケアは、1年を通し不可欠ですがそれにより、乾燥を引き起こす要因にも。
そのため、美白化粧品を選ぶ際には、保湿成分もバランスよく含まれているものを選ぶ、もしくは、保湿も同時にしっかり行なう事がポイント。

 

また肌が乾燥するとバリア機能が弱まり紫外線の影響を受けやすくなるので、たっぷりの水分で肌を保湿し、紫外線に負けない強固なバリア機能を高めるようにしましょう。

 

■コツ4「インナーケア」

 

40代以降急激に肌の新陳代謝が低下するのは、生活習慣が乱れたり、ストレスや女性ホルモンバランスの乱れが要因です
そのため規則正しい食事を心がけたり、たっぷり質の良い睡眠を最低でも5時間から8時間確保する、適度な運動で汗を流すなどの工夫も不可欠。

 

このようなライフスタイルを取り入れることで、体の内側から透明肌を目指す事が出来ます。

 

■コツ5「血行促進」

 

血行を促進することで、新陳代謝が高まり、くすみが解消しやすくなります。
適度な運動やマッサージなども有効ですが、毎日手軽に出来る方法として、入浴があります。

 

39度から40度前後の湯に20分ほど浸かるだけで、全身のめぐりが良くなり、肌の生まれ変わりだけでなく、脂肪燃焼効果、デトックスなど美肌に良いことばかり。
週2,3回は取り入れるといいでしょう。

 

以上5つのコツを毎日の生活に加えるだけで、驚くほどくすみが解消されて、肌が元気になります。
興味のある方は、今日から早速実践してみて。